マンション管理会社はランキングでcheck|不動の人気ナンバー1

不動産

マンションの投資の過ちは

落ち込み

投資の実態

マンション投資が盛んになって来ています。老後の年金では将来不安であるとか、これに投資して毎月の賃料収入を得たいとかの理由でこれを行うケースも多いものです。マンション投資とはマンションの区分所有権を購入してそこに自分が住まうのではなく、第三者に居住させることで毎月の賃料収入を得る方法です。賃料は比較的に景気に左右されないということで投資価値が注目されています。但し、毎月の賃料収入が期待できる反面、もし空室が生じた時にはこれが入って来なくなり、固定資産税やローンを組んで購入している場合には支払えなくなりリスクも生じて失敗する場合もあります。マンション投資のセミナーでもこういった失敗例が聞かれます。投資物件としては駅からも近く、利便施設も整っているワンルームマンションが選ばれる場合が多いものです。物件選びでは家族向け物件を選んだ場合、価格も高くその分を賃料に反映し難いということがあります。利回りはワンルームに比べてこれが低く、赤字で回収できないといった失敗例も見られます。

把握しておきたい事

現在日本は少子高齢化で人口減少に転じ、世帯数も今後は減少に転じると見られています。将来の経済成長率も低く大幅な改善は見込まれ難いとされています。不動産価格は上昇しているものの投資用の不動産の取引状況は活発化しています。地価の上昇も見られ建築資材の高騰や建築関係の人手不足も生じ、新築住宅の値上がりが予想されます。住戸数は余剰状態にあり、中古住宅を始めマンション価格は下落していて、今後は中古物件の販売が活性化すると見られています。不動産投資でも一定年数を経た物件はリフォームを行うなどの対策が必要であり、マンション投資物件も例外ではありません。このリフォームやリノベーション対策、あるいは建物の保守管理を常に行っていないと空室が続いたりして失敗する可能性があります。十分に物件を管理をした上で不動産投資をするようにしましょう。