マンション管理会社はランキングでcheck|不動の人気ナンバー1

不動産

不動産経営は一戸買が主流

ビル

一棟買いは過去の経営方法

不動産投資する場合、かつてはマンション1棟買いが基本でした。正確には買うというより自分で建設してそれを賃貸している不動産経営です。不動産経営といえばマンション1棟買いであったためそれなりの資金が必要でした。しかし最近では一戸買いが主流です。マンション1棟すべてを満室にするのはそれなりに難しく、借り手がいる部屋で空室分のリスク管理もしなければ経営が成り立ちません。そこで数棟のマンションを同時に経営することが多いのですが、なおさら一般市民には手の出せない金額になってしまいます。マンション一戸であれば一般市民であっても十分ローンを組むことができます。しかも家賃収入があるため、返済にも苦労しないのです。

リスク管理も必要

マンション一戸買いをするメリットは誰でも簡単に不動産経営をすることができるのと同時に将来的にそのマンションの部屋が資産になるからです。いくら投資をしても形に残らない商品が多い中、不動産経営はマンションの部屋が手元に残ります。ローンを支払い終わった後も家賃収入を継続的に得ることができますし、最終的ン売却して現金化することもできます。一つのマンションのローン返済のめどがつけば数を増やしていけるのもメリットです。マンション1棟買いよりリスクが少ないのもメリットです。離れた地域に二つの不動産を確保すれば災害など生じた際にリスク管理になります。したがって、不動産経営はマンション1棟買いよりも一戸買いのほうがやりやすいのです。